東京操体フォーラム実行委員ブログより「無題」

こちら、最初「あえぎ」とか考えたのですが、やめておきました(汗)

これは、私の操体体験の中でも結構「闇体験」ではないかと思います。。

blog.tokyo-sotai.com

 

すごく昔のお話です。
私がある操体の講習に参加していた時の話です(操体法東京研究会以前)。

受講生の中に独特の表現をする年配の女性がいました。

講習の際、モデルになると、
「あ~ん、う~ん」とかいいながら表現するのです。

当時はまだ楽と快の区別が曖昧時代の私でしたが、いや、この操法でそういう反応する??みたいな。

例えば仰臥位で起床時に伸びをするような感じのポーズです(くねくねと言ったら良いかもしれません)。

猫がくねくねするのはカワイイですが・・・・・・
「あ、あ~ん」とか「う、う~ん」の連続です(想像しなくていいです。あ?想像しましたね??)。

はたからみていて、いわゆる「あえぎ声」(すいません)を発しているようにも聞こえ、ちょっと赤面したくなるような。
私はその場にいてかなり恥ずかしかった記憶があります。
「人前で、そんな声出しちゃっていいんですか??」「そういう姿態を曝していいんですか」みたいな。

注)この話は、すごく昔の話です。今は、私も修行を積んだので、これくらいでは驚きません。人には、色々表現の仕方がありますからね!

そして極まると、その人は、鼻の下がぐーんと伸びるのです。
ちょっと白目をむいたりします。
何度か見ているうちに、私にはその人の表情が、オランウータンに見えてきました。

オランウータンに見えてくると、だんだん平気になってきました。
慣れたのかもしれません。

講師の先生(男性)も、他の受講生(男性)も、全く普通にしていましたが、気にならなかったのか、気にならないフリをしていたのかはナゾに包まれたままですが、多分気にしないフリをしていたのではないかと思います。


当時、クラス修了後、一緒に受講していた女子に聞いてみたら「あれはかなりまずいのではないか、そして以下自粛」と言っていました。

「私だけじゃなかった」と少しほっとしました。